Southbank Centre SE1

テムズ川を見渡すマルチな文化複合施設, Southbank Centre.


d0162693_5235595.jpg







Southbank Centreは、ロイヤル・フェスティバルホール、クイーンズ・エリザベス・ホール、ヘイワード・ギャラリーという3棟の建物から構成されています。

ホールでは、ほぼ毎日コンサート、公演、ダンスなどのイベントがあり、ロビーでは年間300以上の無料教育イベントが行われています。
このロビーでの無料イベントによって、人々に存在を知ってもらい有名になった団体も数多くあり、いくらボランテイアで参加するといえど、団体も何度も審査やプレゼンテーションを繰り返して、日時を勝ち取るわけです。

何も予定せずにふら~っと寄ってみても、何かしら面白そうなイベントがいつも行われて この日は「科学展」が1週間、朝の10時から夜の8時半まで行われていました。
色んな団体(ケンブリッジ大学も含み)がブースを出していて、ロボットの作製、クリスタルの仕分け、磁石の世界、など子供たちに大人気でした。

d0162693_661181.jpg


イルカか、トドか。。(未だ疑問)ホールの中、カフェでくつろぐ人々の上をゆらりゆらりと泳ぎます。

ちょっとのつもりが、科学好きの娘が帰りたがらず結局2時間もいてしまった。。。やれやれ。

このSouthbankのテムズ川沿いのシーンは、もちろんたくさんの映画の中で見覚えのある場所。
四季を通して、訪れる人のそぞろ歩きの楽しい場所でもあります。
夏は、川を見ながらご飯が食べれるようにカフェのテーブルがたくさん出たり、ジャズから、サンバ、サルサまでパフォーマンスがいっぱいです。
冬はと言うと、11月、12月はドイツからやってきたクリスマスマーケットのスト―ルが立ち並びます。寒空の下で白い息を吐きながら食べるジャーマンソーセージとホットワインは、なんとも言えずああ~最高。

d0162693_6282924.jpg


そして、ちょっとでも太陽のある日が続くとロンドン子に欠かせない「なんでもいいから脱ぐ」。

d0162693_6311718.jpg


これから芽のでる若いアーティスト達にも出会えます。

d0162693_551297.jpg


d0162693_5564192.jpg



最寄りの駅はWaterloo駅。
駅からSouthbankまでは歩いて5分足らずですが、建物の中にも駅からそこまで来るまでの道のりにも、たくさんレストランやカフェがあり、一日中ここで過ごすことができるほど。

歩いて渡れる橋の向こうは、ナショナルギャラリーのあるトラファルガースクエア、中華街、コベントガーデン。
夏のこの時期は、テムズ川クルーズも大人気。

d0162693_5261518.jpg


9.11のテロ騒ぎの時は、Tube(ロンドンでは、地下鉄をこう呼ぶ)通勤を恐れた人々が自転車やボートで会社に行く、というのが流行りました。なんだか聞こえは映画の「Working Woman」みたいで格好いいけれど、友人の弁によるとボートは混み混みで、映画みたいな素敵な出会いなんてないし風は冷たいし、イメージするほどお洒落ではなかったようです。

このまま良いお天気が続いてほしいなあ。


「夏の夜 テムズを望む テラス席 君を待つ間の 水と風の音」  
by thallo | 2010-06-30 14:14 | England


ファインダー越しの素敵なイギリスをお届けします♪


by おごしゅ

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 01月
more...

My Flickr World

こっそりロンドン生活フォト by iphone6s Instagram
Follow @ayanoboist



カテゴリ

Greetings
England
Culture
Photography
Scene
Shot
Favorite
Music
Family
Sport
Meal
Travel
iphone
Mr. Teddy
Xperia Z2

タグ

(205)
(186)
(164)
(102)
(81)
(66)
(60)
(56)
(39)
(32)
(29)
(23)
(23)
(17)
(14)
(13)
(13)
(10)
(10)
(8)

その他のジャンル

画像一覧