Books for Cooks, Spice Shop W11

またまた本屋の話 - Books for Cooks

d0162693_5444123.jpg


(写真を一枚、コラージュで追加しました。)



映画「Notting Hill」で有名になった ポートベローマーケットの片隅にひっそりあるお料理の本専門店。
それでも、8,000冊以上の本が棚の隅から隅までを敷き詰めています。
各国ごとに棚が整理されているので、「○○料理の本が欲しい」と探すのはとっても便利。

お店の奥には、小さなカフェがあり、日替わりのケーキとランチが食べれるようになっています。

d0162693_674719.jpg


今回いただいたのは、ブラウンシュガーケーキ。ケーキ自体は甘さ控えめなのですが、なんたってイギリス人大好きなキャラメルソースとクリームが。。。ただ無糖のヨーグルトが添えられてあって口の中が思ったほど甘ったるくなりませんでした。これはいいアイデアかもね。

d0162693_682674.jpg


私達の隣は日本人のご家族で(多分イギリスに住んでいらっしゃる感じ)、奥様もケーキのお写真を撮られていました。ふふふ、私だけではなかった。(安心~)

d0162693_6131580.jpg


平日の夜、土曜日にはお料理・お菓子教室も開催されており、楽しそうなプログラムがたくさん。
モロッカン料理とか、ターキッシュ・デライト、飲茶(皮から)の作り方。。なんて自分で本を読んだだけでは決して上手にできそうにないので参加の価値ありそうです。

d0162693_4241339.jpg


補習校の2学期が始まって、役員当番ではない土曜日に一度来てみたいなぁ なんて思っています。
(最寄り駅から10分以上歩くこと、平日はマーケットがなくゴーストタウンと化しているポートベロ。。平日の夜はちょっと考えます。。)

お向かいは、スパイスショップ。

d0162693_6262791.jpg


足を一歩踏み入れただけで、たくさんのスパイスのにおい!
最初はビックリですが、だんだん鼻が慣れてきて色んなスパイスを探してみるのが楽しくなります。
今回私が探していたのは、「ケイジャンスパイス」「ジャマイカンスパイス」と「サフラン」。

妹がアメリカにいた時に送ってくれたのをきっかけに、ケイジャンスパイスは我家の定番になっています。まだまだ夏が終わらないうちに(と望む)、バーベキューがあと何回できるかな。

お兄さんのおすすめで、今回は「イラニアン・サフラン」を買ってみました。
スーパーで買うサフランは、長~いのを6、7本入れても全然気に行った色が出ないんだけど、イラニアンサフランは、短いのを(1cmくらいです)3本使えば十分とのこと。

「スパニッシュ・サフランは、どちらかというとフレーバーが強く、イラニアン・サフランはキレイな色が出せてそんなに強い味を舌に残さない。。」これがお兄さんの説明。
お値段はイラニアンの方が高くって、国としては私スペイン文化もスペイン料理も大好きなんだけど、色重視で後者を取ることにしました。
来週末は、さっそくパエリヤ作ろう~、ワクワクしてきたなぁ~♪
「色 vs フレーバー」の観察をしっかりしておこうと思います。

「ポートベロ 左に見える 赤いドア コックのための 小さなオアシス」
by thallo | 2010-07-26 06:56 | Meal


ファインダー越しの素敵なイギリスをお届けします♪


by おごしゅ

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 01月
more...

My Flickr World

こっそりロンドン生活フォト by iphone6s Instagram
Follow @ayanoboist



カテゴリ

Greetings
England
Culture
Photography
Scene
Shot
Favorite
Music
Family
Sport
Meal
Travel
iphone
Mr. Teddy
Xperia Z2

タグ

(205)
(186)
(164)
(102)
(81)
(66)
(60)
(56)
(39)
(32)
(29)
(23)
(23)
(17)
(14)
(13)
(13)
(10)
(10)
(8)

その他のジャンル

画像一覧