Sarah

今年の8月は、何人もの新しい旅立ちを見送った月。

セーラもその中の一人。

d0162693_646492.jpg


明日娘が帰ってくるのと入れ替わりに、彼女はヒースローから香港へ出発します。



セーラは私のオーボエの先生。

一番最初の先生が、あまりにもレッスンのキャンセルが多い事にとうとう爆発してしまった私。
新しい先生を見つけるために何人かにコンタクトをとり、きちんと連絡をくれ時間通りに我家に来てくれたのが彼女でした。

出会った時は23歳、音楽院でディプロマを取るための最終年在籍。
まるで私が10代で母になっていたら子供くらいの年の差なのに、なぜかとても気が合い、レッスンの時は二人で良く笑っていたと思います。

d0162693_6553415.jpg


甘くて伸びのあるキレイなオーボエを吹くセーラ。
オーケストラだけでなくバロックを始めとする室内楽に強く、特にイタリアンバロックが大得意、夏の試験の課題曲に2曲イタリアものを選んだのも、彼女の勧めがあったからでした。

日本で ピアノの先生には冷たい言葉か手をたたかれたことしか覚えがない私には、彼女のアプローチがとても照れくさかった。。。
今日は調子が悪くて良い音がでないな、と思って吹いても「本当によかったわ。私、ほら、20小節目から始まるあの節。。ジーンときちゃった、ビューティフル!」(こちらの人は褒め言葉は、"lovely" か "beautiful")と、必ず良いところを見つけてくれ、ガツンとやられたころが一度もなく、終わってからももっと吹いていたい!と思わせてくれるレッスン。
それによく彼女は曲に合わせて踊ったり唄ったり、ものすごい想像力の持ち主だった。。

娘の学校から声がかかって子供たちにオーボエを教えることになったという時も、オーディションに受かって、BBCオーケストラやロンドン・フィルハーモニアの助っ人で出れることになったという時も、私も娘も手をたたいて大喜びしたものです。

パリ音楽院にも奨学生として留学し、日本にも2度イギリス代表として大会のために来たことがある経歴の持ち主、いつか大きなポストがやってくる、と信じていました。
地元の音楽の先生では終わってしまわないだろうと。。

そしてこの5月、香港シンフォニーのイングリッシュホルンのオーディションに合格しビザが下りたのが7月。
行くべきかどうしようか悩んでいたけれど、私も周りも「24歳の今しかできない」「将来の力強い前進になる、行ってこい!」と勧め、契約書にサインをした彼女。

d0162693_7222337.jpg


この天気の悪いイギリスで、1年以上我家にレッスンに来てくれて一度も雨にあたったことがないセーラ。
私のレッスンの日は、娘が「セーラ、今日も傘いらないね。」なんて窓の外を見てはニヤけていて、ドアを開けたとたんに、「いらっしゃい」の代わりに "You made it again!" (やったわね、今日も大丈夫だったじゃない)なんて飛びつくことも多かったのに、その日ももう終わっちゃったんだね。。

彼女から推薦できる友人達の名前をもらったんだけど、なぜか連絡を取る気になれない私。。。
セーラがとてもスペシャルだったので、これ以上の素晴らしい人に出会えるかしら。。そんな不安で一杯です。

「私が帰ってくるまでに、ちゃんとこの曲とこの曲とこの曲と、それからアーティキュレーションを完璧にしておいてね。それから試験の支度をしても大丈夫。」とタスクを置いていったセーラ。
次の課題曲でもある、ハイドンとベリーニのオーボエ協奏曲。
二曲ともセーラと私が大好きで、真っ先にリストから選んだもの。曲も長くテクニックが必要であることは、一目瞭然。。。(大汗)
でも彼女の香港行き前最後に練習した思い出の曲 - 私らしい出来上がりにしていきたい。

イングリッシュホルンは、彼女が本当にオーケストラで吹きたい、と言っていたポジション。
オーボエの1.5倍の長さのこの楽器。吹き込むにはかなりの体力がいるのに、セーラが吹くとまるで別物。メランコリックな音色は、聞いている人をウットリさせます。
彼女のイングリッシュホルンが聞ける香港の人達が羨ましい!

オーボエの楽しさ、イタリアンバロックの楽しさ、アルビノーニの美しさ、たくさんの事を学びました。セーラ、本当にありがとう。。。
香港での活躍をイギリスから応援しています。帰ってきたら、また我家にレッスンに来てね。その時は、娘も一緒かな。(笑)



「甘い音色 聞こえる調べは アルビノーニ ここはヴェネツィア バロックの都」
by thallo | 2010-08-27 15:24 | Music


ファインダー越しの素敵なイギリスをお届けします♪


by おごしゅ

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 01月
more...

My Flickr World

こっそりロンドン生活フォト by iphone6s Instagram
Follow @ayanoboist



カテゴリ

Greetings
England
Culture
Photography
Scene
Shot
Favorite
Music
Family
Sport
Meal
Travel
iphone
Mr. Teddy
Xperia Z2

タグ

(205)
(186)
(164)
(102)
(81)
(66)
(60)
(56)
(39)
(32)
(29)
(23)
(23)
(17)
(14)
(13)
(13)
(10)
(10)
(8)

その他のジャンル

画像一覧