The Advent Wreath (クリスマス・リース)

クリスマス時期になると、たくさんの家のドアに飾られる輪のリース。

d0162693_7221099.jpg


トラディショナルに緑の葉っぱが主のものから、シルバーでスプレーされたものまで。
最近ますますお洒落になっているような気がしますが、教会で飾られるリースにはまたちょっと違う思いがある。。



教会でアドベントの間に置かれるリースは、ドアにかけるのではなくて横に置かれているもの。
緑の葉でできたガーランドは「永久」を意味し、その上には5つのろうそくが立てられます。

d0162693_7285242.jpg


3つの紫のろうそくと、1つのピンクのろうそくは、それぞれの日曜日のマスの間中灯をともされ、見ているだけで温かい気分に。

1つ目の紫の意味は「希望」「救世主(キリスト)の誕生への期待」
2つ目の紫は「愛」
3つ目のピンクは「羊飼いのキャンドル」「喜び」「祝い」
4つ目の紫は「天使のキャンドル」「平和」
そしてクリスマス・イヴの夜に灯される最後の5本目の白いろうそくは「キリストのキャンドル」- けがれのない純正さを意味します。

日本でも、4月に見るピンクのサクラは見る人の気持ちを柔らかく幸せな気持ちにしてくれるし、(ピンクが嫌いって人は、なかなかいないと思うんだよね。私は大好きだ。) 花嫁さんの白無垢も「純白な私は、これから嫁いでいく新しい家族の色に染まります」という意味で着て嫁いでいくもの。
そんなことを思いながらミッドナイト・マス(クリスマスイブの日の夜中)でろうそくが灯されるのを見ると、一挙に力が抜けてなんだか潔白な人間になったような気になる私です。(← 本当か)
そうなんだよねぇ、いつまでも子供のように純粋であれたらどんなにいいか。(笑)

我家もクリスマスデコレーションが形になってきました。
クリスマスカードも到着し始め、アドヴェントのチョコレートも確実に一つずつ減っていき。。会社でもお休みの調整がファイナライズして、みんな楽しそう。
来週から、マーケットもだんだん静かになり始めるはずです。
私は残念ながらクリスマスはアジアと中近東のマーケット(含むJapan)がどこかしら開いているため、出勤にはなりませんが自宅で仕事です。でも、31日から1月6日までお休みをいただいたので、お正月3が日はノンビリできるはず。
また近所の日本人お母さん達との食事会兼新年会を計画中 (飲むぞっ!)。。。がんばって12月を乗りきらないとね。

いつも応援ありがとう!足跡代わりにクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村
by thallo | 2010-12-08 08:12 | Culture


ファインダー越しの素敵なイギリスをお届けします♪


by おごしゅ

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 01月
more...

My Flickr World

こっそりロンドン生活フォト by iphone6s Instagram
Follow @ayanoboist



カテゴリ

Greetings
England
Culture
Photography
Scene
Shot
Favorite
Music
Family
Sport
Meal
Travel
iphone
Mr. Teddy
Xperia Z2

タグ

(205)
(186)
(164)
(102)
(81)
(66)
(60)
(56)
(39)
(32)
(29)
(23)
(23)
(17)
(14)
(13)
(13)
(10)
(10)
(8)

人気ジャンル

画像一覧