Christmas - ちっぽけな馬小屋

Away in a manger - イエス・キリスト(ジーザス)が生まれた所。

d0162693_0253088.jpg


クリスマスの時期に 教会には必ず置いてあるキリスト誕生シーン。
私達の教会でもアドベント期間に入ると必ず、教会内のレディ・チャペルに設置されます。私は、この置物(プレゼーピオ)を見るのが大好き。




シーンのお話は、クリスマス・イブの日にベツレヘムに入ったジョセフとマリアが宿が一杯で泊まる所がなく困っていたところを、親切な宿屋のご主人が「部屋はあげられないけれど、馬小屋(manger)でよければ。。」と言ってくれたところから始まります。

d0162693_0334063.jpg


すでに身ごもっていたマリアにとって、屋根がある所で休めるだけでもありがたいこと。
家畜に囲まれた柔らかい藁が一杯のこの馬小屋(manger)で、キリストは12月25日に誕生しました。
お話や歌の中では「馬が水を飲む桶がベットになって、大声で泣くことのなかった可愛らしい(スイートな)ベービー・ジーザス(キリスト)」てな事だったけど。。

12月24日までは 「ベットとなった桶」は空っぽで(まだキリストは生まれていないからね)、25日の朝に初めてベービー・ジーザスのお人形が横たわれます。(やっとお誕生日だからね)
それを見て、「本当にクリスマスが来たんだなぁ。」と毎年感じる私。

クリスマスイブの日に、レンズの事で近所のカメラ屋さんに相談に行った帰り道 教会へ寄ってみました。その時に、こっそり撮らせていただいた写真です。
だ~れもいなかったので、マニュアル設定を楽しみながらプレゼーピオを見る。。(不謹慎ですけど。。)

d0162693_0434260.jpg


お話の中でシェパードの役目はとても大切。なんたって、キリストの誕生をみんなに「良い知らせ(Good news)がある!」と伝え歩いた人物だから。

こちらの小学校のクリスマス・プレイでは、女の子はエンジェル(コスチュームがなんたって可愛い、人気度No1)かマリア(赤ちゃんのお人形が抱けて健気)、男の子は3人の賢者(これまたキンキラ青とゴールドでゴージャスなガウン)になりたがるんだけど、本当は地味なコスチュームのシェパードを演じられるのは「名誉」と思わないといけない。。。と言ってはみるものの、まだそんなの小さい子には分からないのよね。。
d0162693_19585.jpg


d0162693_114735.jpg


うちの娘は、シーンに出てくる人物にあたったことは一度もなく、唯一「宿屋のおやじ」。
まぁ、宿屋のおやじさんも一応宿を提供した、ということで大切な役割かもしれないわね。(ぐぐぐ、笑) コスチューム作りも楽だったから母も助かりました。。。

いつも応援ありがとう。足跡代わりにクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村
by thallo | 2010-12-28 02:14 | Culture


ファインダー越しの素敵なイギリスをお届けします♪


by おごしゅ

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 01月
more...

My Flickr World

こっそりロンドン生活フォト by iphone6s Instagram
Follow @ayanoboist



カテゴリ

Greetings
England
Culture
Photography
Scene
Shot
Favorite
Music
Family
Sport
Meal
Travel
iphone
Mr. Teddy
Xperia Z2

タグ

(205)
(186)
(164)
(102)
(81)
(66)
(60)
(56)
(39)
(32)
(29)
(23)
(23)
(17)
(14)
(13)
(13)
(10)
(10)
(8)

人気ジャンル

画像一覧