Uppark House and Garden GU31 5QR

イギリスでは珍しい、丘の合間にひっそりと立つUppark House。

17世紀ジョージアン時代のお屋敷は、これまたすごい部屋数。
d0162693_21412668.jpg


こういうシンメトリーの建物って大好き、いつも見学していて思うのが「お掃除は一体何人の方が何曜日にされていたのだろうか」ということ。← このレベルならば毎日に決まっている。。。





ティーンネージャーだったお手伝いさんが、お屋敷の主ハリー氏にみそめられ結婚し、その後この家の持ち主になったという実話を持つUppark House。お手伝いさんはダイニング・テーブルの上でお客さんさん相手に踊ると株が上がり大喜びされた。。今も昔も同じですね。
結婚した時のハリー氏は当時70歳。。。愛に年の差はないと信じているけれど「70歳だったんですよ」とガイドさんに聞いた時は、自分の英語力を一瞬疑いました。
d0162693_2225933.jpg


マスターと召使いの恋 ー これはやっぱり時代劇には欠かせないゴシップもので、先週日曜日から始まったDownton AbbeyのTV番組もこれまた大人気。
友人達ともfacebookで放映前後とかなり盛り上がり、パラリンピックが終わって魂が抜けたようにボーッとしていた私にも12月まで楽しみができたー。

英語教材のように綺麗な「クイーンズ・イングリッシュ」が使われている事、歴史上とても興味深い時代の話である、コスチュームがおしゃれで美しい、お家の内装や食事も見ているだけで楽しい、サーバント(召使い)達のキッチンや寝泊まり部屋も興味津々、などの理由から 大人だけでなくて子供にも大人気。
d0162693_22161448.jpg

問題は、「日曜日の夜の21時から22時半まで」という月曜日の朝がやってくることをまったく考慮していない時間帯で、娘の学校でも半数以上が見ていると分かり、校長先生から「ご家庭の判断に任せますが、録画をお勧めします」と連絡が来てしまいました。
でも娘曰く「月曜日に朝みんなで話すのが楽しいのにー。」とのこと。そうね、大人も録画じゃなくて次の日の朝にあーだこーだと話すのが一番楽しい、それ分かります。

紅葉が深まってくる事になると、各ナショナルトラストで「時代物のお料理作り」「紅葉の撮り方写真教室」「キノコ狩り」なんて行事も毎日 ー 山歩きシューズに履き替えて、外を歩くのが楽しい季節はすぐそばです。
by thallo | 2012-09-20 05:09 | England


ファインダー越しの素敵なイギリスをお届けします♪


by おごしゅ

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 01月
more...

My Flickr World

こっそりロンドン生活フォト by iphone6s Instagram
Follow @ayanoboist



カテゴリ

Greetings
England
Culture
Photography
Scene
Shot
Favorite
Music
Family
Sport
Meal
Travel
iphone
Mr. Teddy
Xperia Z2

タグ

(205)
(186)
(164)
(102)
(81)
(66)
(60)
(56)
(39)
(32)
(29)
(23)
(23)
(17)
(14)
(13)
(13)
(10)
(10)
(8)

その他のジャンル

画像一覧