Young friends' sleep over - British Museum

Pompeii sleep over night - for young explores

夜18時集合。大英博物館を貸し切ってのSleep Over Night.
d0162693_66969.jpg


寝袋と懐中電灯とリュックサックと。。レジスターの声も弾んで好きな場所に「自分のベッドルーム」を作る子供達。
朝の博物館の静けさは格別で、ベッド(寝袋)の中で目覚め時に目の前に現れる古代エジプト像達は本当に大感動でした。





今回のスリープオーバー(お泊まり)は、大英博物館のキッズ会員のためのもの。
あくまでもキッズが主人公で付き添いの親はゲスト。それでもなんだかどこの家族も親の方が 張り切って賑やか 踊る気持ちが隠せないほど、笑。

簡単なツアーと講義があって、その後は勝手に博物館の中を歩き回れるだけかなー、と思っていたら19時から24時まで、4セッションのアクティビティが用意されており子供は大忙し。← 親も大興奮。
会員向けのイベントだったので参加者は親子全員で240人弱。子供達もすぐに仲良くなって親も一安心。
オットから後から聞いたのですが、4日ほど前に大英博物館から電話がかかって来て娘の年齢の確認があったそう。なるほど、どうりで、同じグループの子供達が同年代であったわけか。。素晴らしい配慮だと思います。

d0162693_661175.jpg

今回のテーマは、「灰に埋もれたポンペイの歴史」。アクティビティもそのテーマにちなんだもの、紙で作るモザイクもその一つ。

30分という限られた時間はあっと言う間、最後には 手伝いのはずの私も子供よりムキになってしまい、娘を 放ったらかしで質問されても右から左 一人想像の働くままに作業させ 糊と紙で手がべとべとでした。そして気分はすっかり山下清、ちぎり絵って本当に大変なのね。彼はすごい才能の持ち主だったのだ、と心の底から感動しました。
それにしても素晴らしい作品が多く、典型的なモチーフだけれなく 携帯電話、紅茶のカップ、山高帽紙なんてのもあって見ていて感心するやら可笑しくて笑ってしまうやら。

朝は博物館が用意をしてくれた朝ご飯をカフェでいただき、一般のお客さんが入る9時半までノンビリと館内展示を楽しむことができました。

d0162693_661364.jpg

夏休み中大英博物館で開催された、子供向けアクティビティに参加したファミリー全ての作品が一同に
展示されます。私達が参加した先週だけでかなりの数があったのにまだまだこれから増えていくなんて、どんな規模になるのだろう。
私の作品もちゃっかり参加、自分の紙モザイクが大英博物館に展示されるなんてきっと一生に最初で最後でしょう、笑。当日は双眼鏡とデジイチを持って見に行ってこようと思います。
展示は9月28日土曜日、大英博物館グレートホールにて ー こんな懐のでっかい事をしてくれるイギリスにまたまた惚れた私です。
by thallo | 2013-08-27 07:00 | Family


ファインダー越しの素敵なイギリスをお届けします♪


by おごしゅ

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 01月
more...

My Flickr World

こっそりロンドン生活フォト by iphone6s Instagram
Follow @ayanoboist



カテゴリ

Greetings
England
Culture
Photography
Scene
Shot
Favorite
Music
Family
Sport
Meal
Travel
iphone
Mr. Teddy
Xperia Z2

タグ

(205)
(186)
(164)
(102)
(81)
(66)
(60)
(56)
(39)
(32)
(29)
(23)
(23)
(17)
(14)
(13)
(13)
(10)
(10)
(8)

その他のジャンル

画像一覧