カテゴリ:Culture( 73 )

Christmas Hamper

Full of festive in the basket - Christmas Hamper

日本で言う 「お歳暮」 のように、クリスマス前に親しい人達にクリスマスフードを送る慣習があります。
色んなスタイルがあるけれど、やっぱり一番嬉しいのは大きな籐のかご一杯に ワイン、クリスマスプディング (甘すぎて我家は食べませんが。。) 、チーズ用ビスケット、ナッツ、チョコレート、ジャム諸々が入っているもの。
d0162693_6135771.jpg


今年も 小姑のような オットの叔父さんからいただきました。
何が入っているのかなー、写真でも撮ってみるか、とごそごそして並べているうちに一つ、また一つとお菓子の小袋が消えていましたが (犯人の確率は50/50、もちろん私ではなく他二名) 今週はいよいよクリスマス。食べた後に体重の事でどどーんと落ち込む週でもあります。。。
by thallo | 2014-12-23 06:20 | Culture

私がイギリスを好きな訳 (7) ー Christmas Jumper

Festive costume - Christmas Jumper!

本日で今学期終了 ー 娘達の学校も2日続けて「クリスマスクロージング・デイ」
d0162693_034775.jpg


ちょっとふざけてる、と思いきや なんとイギリスには「クリスマスジャンパーの日」なるものが存在。
これはもちろんイギリス人が お得意とする 大好きなチャリティーに関わっていて、「老若男女みんなで楽しむ」という年内最後の大イベントです。

Save the Children...
by thallo | 2014-12-19 00:50 | Culture

Christmas Card

Season's Greetings - Christmas Card

まだまだ終わらず。。
d0162693_175282.jpg


毎年12月13日あたりになると、「もうクリスマスソングは ごちそうさま」ってな状態。
今年はPTA役員ということもあり 11月半ばから学校の冬のフェア支度から始まって公私ともに大忙しだった私は、あまりちゃんと聞いてないのかしら、今年はまだその感覚に落ち入らず。。。ラジオから聞こえてくると いまだ鼻歌まじりに歌ったりなんぞしています、笑。

昨日は娘がリーダーを務めるカルテットのクリスマスキャロルサービス。
大風邪の私は、とても1時間半も教会に残る体力は残っていませんでした。調子が悪くなって会社を早め16時に失礼し、一度家に戻り彼女を ふらふらになりながら運転し 19時に教会に送った後、迎えはオットへパス ー 娘のコンサートをスキップしたなんて数えるほどなんだけど。。教会だったから音響も良くてすごく楽しかったそうです、あー、逃して残念

そしてちょこちょこと始めたクリスマスカード。 ← 今更って。。滝汗
前もってお詫びしておきます、日本・国内ともお世話になったみなさん、私のクリスマスカードは今週土曜日発送予定です (← 予定です。でも切手はかろうじて買ってある) 絶対にクリスマスに間に合わないと思いますが、待っていてください。
by thallo | 2014-12-17 01:24 | Culture

Prayer

pray for the good of…

キャンドルを見ていると、雑念が消えて素直になれる。
d0162693_4242371.jpg


ゆらゆら揺れる炎を見ていると気持ちが軽くさせられて、教会を出る時には前を向こうといつも微笑んでいる ー とても不思議な力があるように思う。

一つ終われば次の事、そして辛抱。 小姑のような オットは「この待ちの時間を楽しまないと。」と言っていますが、せっかちで白黒がすぐに出ないのが許せない私はやっぱり落ち着かず。。。
先輩ママさん達が「秋から春まで考える事が多くて一挙に白髪が増えるからね。」と言っていたのはこの事だったのか、と今になって激しく納得です、爆笑。

皆さんも良い週末を。
by thallo | 2014-01-18 04:37 | Culture

Hark! the herald angels sing

Hark! the herald angels sing
Glory to the new born King

d0162693_19513680.jpg


あれやこれや、とクリスマスランチの準備をしていた中で 唯一最後まで時間が取れなかったミンスパイ。クリスマスイブの夜に娘と粉だらけになってなんとか完成。このスパイスの香りがフェスティブな気持ちを高めるんだよね。

イギリス国内では、このクリスマス前後に台風や洪水の被害を受け自宅から避難所に移ったり、電気もガスもない生活をされている人が何千人も出てしまいました。
去年は雪、今年は洪水、特にクリスマスという家族全員が集まれる大切な時期なだけにニュースを見るたびに悲しくなります。我家から車で1時間の町も被害が大きかったにも関わらず、私達は裏庭のフェンスが倒れたくらいですみ、25、26日とも家族、友人と時間が過ごせた事に感謝しなくてはいけないな、と思いました。また今夜から別の嵐がやってくるとか。。これ以上被害がひどくならないようにと願うばかりです。
by thallo | 2013-12-27 20:11 | Culture

Christmas Carols by Candlelight

Carols by Candlelight

Once in royal David's city…
d0162693_21212420.jpg


我家が毎年恒例にしているロイヤル・アルバートホールでのクリスマスキャロルコンサート ー 今年で7年目になりました。

ラジオでも毎日クリスマスミュージックが流れて、娘やお友達のコンサートで何度も同じ曲を聴くのだけれど、やっぱりここに来て毎年同じ席でキャロルを聴き一緒に歌うのは特別。。いよいよクリスマス。

初めて来た年は、娘はまだ3歳。つまらなくてグズっては いびきまでかいて 寝てしまっていましたが、この2、3年は学校のコーラスのおかげもあって 寝ていません 楽しんでいるようです、笑。
今年は1stヴァイオリンを正面に見る席だったので、更に真剣。このクリスマス&正月休暇中4日間の集中オケコースがあるんだよ、しっかり学んでちょうだい。

こんな風に毎年娘の成長や変化が分かっていくのも、とても面白いな、なんてクスッとしたり。。いつまで一緒に来れるんだろう。。きっと何年後かは、彼女のボーイフレンドも一緒かなー。そしてそのうち、孫も一緒ですね、笑。
by thallo | 2013-12-23 00:19 | Culture

Christmas Tree in the Hall - Polesden Lacy

Christmas Tree!

It's a decollation time!
d0162693_5402686.jpg


生のもみの木のあの香り、って特別なんですよね。お家が大きくてエントランスホールが豪華だと、背の高いクリスマスツリーがとても良く似合います。ただ枝がバサバサと落ちてくるのでお掃除はひじょーに大変ですが。しかも猫が揺すぶると下部だけハゲになるし。。汗

我家もツリーはあるものの、デコレーションが全く終わっていません。今週末にはきちんと完成させてプレゼントの包みを置き始めなくては。そして土曜日は早起きして郵便局でクリスマスカードを出す、という気が重くなる使命が待っているのであった。。。
by thallo | 2013-12-12 05:47 | Culture

Advent Calendar, 2013

Advent Calendar,, December 2013…

あー、また今年もこの季節がやってきました。こんなのが家にあったら毎日家に帰るのも楽しい。。
d0162693_731133.jpg


久々に出かけたサウスバンクではクリスマス・マーケットも始まり、イルミネーションもとても綺麗で、お気に入りのお店のショーウィンドウで日めくりカレンダー」、(いや「日窓あけカレンダー」かしらね 笑)を発見。

今晩、今年一番の娘のキャロルサービスがロンドン市内でありました。
毎年某チャリティーから関係者達が招待されスクール合唱として参加するのですが、いつも楽しみのラグビー男性コーラス(実はロンドンオリンピックの時にも歌っている)に加え、今年の目玉はイングリッシュ・ナショナルオペラ。40人もいないメンバーのハレルヤコーラスには、教会が大揺れで寝ていた人も目覚めるほどの迫力。← 感動しまくって来年は室内楽合唱も始めたい、と勝手なやる気も出たり。。爆笑

久々に娘のクラスのご父兄とも会いおしゃべりしたり、一緒にキャロルを歌ったら突然気持ちが高まってクリスマスが近づいている事を実感しました。
私のクリスマスホリデーまであと2週間。早く毎日寝坊してケーキでも焼く生活がしたいもんです。
まだまだキャロルコンサートの旅は続きますが、ショーファー母も頑張ろうと思います。
by thallo | 2013-12-04 07:48 | Culture

Memory of you

Bench with a wonderful memory and love...

イギリスで公園にあるベンチに座った時 ホッとさせられるのは、「ずっと私達と一緒にいてほしい」という家族の温かい思いがつまっているから。
d0162693_1492884.jpg


亡くなる前の遺言に「公園のベンチを寄付してね」や「バラ園に私が好きだったバラを植えてね」って言葉が出て来る事がイギリスではとても自然です。私は前者かな。。
ベンチにつけられたプレートには、残された人の優しくて愛情一杯の言葉が残ります。お散歩の時に改めて読むと、自分の行動を考えさせられる気持ちに。。こんな風にずっと思い出してもらいたい。

異常なくらいに 晴天続きのイギリス。毎日25度前後の天気が続いています。庭に水まきも大変なのだけど、太陽があるって元気になって夏らしくていいじゃないですか! ← 夏なんだけど。。 
私も3日前に誕生日を迎え、たくさんの方々からお祝いのメッセージをいただきました。
イギリスでは誕生日人物がお菓子を皆さんにオファーする、というのが慣習、私も色んなモノを会社に持って行き 80人以上いるグループアドレスで「今日は私の誕生日です。お菓子をどうぞ!」と案内したために一挙に有名人、爆笑。後からイギリス人の同僚達何人もからメールで「やっと21か!」というジョークもいただきました。だったらいいのにー。

この年になると、30代の「恥ずかしい」というよりも「ここまで元気に生きさせてもらえた事に感謝!」というどっしりとしたおおらかな気持ちかな、笑。これからの1年も仕事もプライベートも楽しみを見つけながら過ごしてきたいと思っています。
メッセージをくださったみなさん、本当にありがとうございました。

皆さんも良い週末を。
by thallo | 2013-07-13 01:52 | Culture

Comic Relief 2013 - Red Nose Day

Red Nose Day 2013 - 赤鼻チャリティデイ

イギリスで毎年この時期に行われる、とてもポピュラーなチャリティイベント。
有名人や芸能人もコメディ、ダンスショー、料理番組、スポーツイベントに参加しファンドライズをするのはもちろん、子供達もこの日は「赤色」にちなんだ洋服を着て学校に行く事が許されます。
そしてお決まりの「赤鼻」マスコット。

学校からは事前にレターが渡され、当日子供達は1ポンド(募金)を握りしめ楽しそうに登校。
こういう人が今朝はわんさか校門にいました。。。。爆笑
娘の名誉のために後から怒られそうですがiphoneで何度もフィルターをかけて遊んでしまった。しかし、このカツラ 私もかぶったけれどかゆいのなんの。。
d0162693_2084068.jpg


お友達の学校では、パジャマで登校もO.K. これもいい。
大切なのは、子供達が「チャリティ」の意図に小さい頃から接し理解していくこと。
集められた募金は毎年様々な団体へ配分されますが、英国内でも貧富に苦しんでいる地域、家族もたくさん、そしてもちろんアフリカの子供達にも必要な薬が足りないこともアピールされています。
皆の思いが込められて集まられた募金 ー どこにいっても上手に使われますように。。。

皆さんも良い週末をお過ごしくださいね。
by thallo | 2013-03-15 20:22 | Culture


ファインダー越しの素敵なイギリスをお届けします♪


by おごしゅ

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 01月
more...

My Flickr World

こっそりロンドン生活フォト by iphone6s Instagram
Follow @ayanoboist



カテゴリ

Greetings
England
Culture
Photography
Scene
Shot
Favorite
Music
Family
Sport
Meal
Travel
iphone
Mr. Teddy
Xperia Z2

タグ

(205)
(186)
(164)
(102)
(81)
(66)
(60)
(56)
(39)
(32)
(29)
(23)
(23)
(17)
(14)
(13)
(13)
(10)
(10)
(8)

その他のジャンル

画像一覧