タグ:ヴァイオリン ( 13 ) タグの人気記事

11+

Satisfaction and achievement.

2年間コツコツと準備をしてきた11+。。色々な意味で本当に終わりました。
この11+とは、イギリス特有の小学校から中学にあがる時の受験を意味します。
d0162693_4104064.jpg


週末、クリスマス、お正月もヴァイオリンを弾かない日はなく (私が鬼婆のようにうるさかったのもある。。)、ホリデイにも必ずヴァイオリン持参でドーバーを渡り、飛行機の手荷物にし。。
何度も私に注意されて悔し涙を流しては、その度にトイレに顔を洗いに行きそれでも弾き続けた娘、本当にここまで良く頑張った、と素直に褒めてあげたいと思います。

私の 愚痴、疲労 苦労、そして娘の頑固さを影から知っている方々も多く、どうなることかと思いましたが、色んな方に応援していただいて中学進路、音楽院(ジュニア)入学も決まりホッと一安心。音楽院はまさかの嬉しい結果だっただけに、ちゃんと神様が見ていてくださったのだ、とお世話になった先生方への感謝の気持ちで一杯です。

まだ学校送迎が義務のため、仕事の後家に帰ってきてから主婦業と娘の勉強とヴァイオリン練習、と毎日ダッシュの日々でしたが、その学校送迎もあと5週間でミッション終了! 9月からはお友達とバス停で待ち合わせして通学したいって。。はいはい、早速そうしてちょうだいな。

あー、これで気持ちよく来月に夏帰国ができそうです。
3年ぶりの日本、また飛行機を降りて、日本語を使い切符を買うところから頭が真っ白になりそうですが、お友達と会う予定が少しずつかたまってきて、だんだん楽しみになってきました。あれだけ頑張ろうと思っていたダイエットはまったく間に合っていませんが。。。太って帰って来てもいいくらいあと1ヶ月ちょっとの減量&運動を頑張ろうと思います、笑。
by thallo | 2014-06-05 04:39 | Scene

Cremona - La cattedrale di santa Maria Assunta

Il Duomo de Cremona

角を曲がった突然のアーチの中から見るファサードも格別です。
d0162693_22271612.jpg


小さな町なのでぐるっと回ってしまうとすぐにまた元の場所に。。
夫の希望だったクレモナ大聖堂。

宗教画
by thallo | 2014-05-19 00:05 | Travel

Cremona - Violin workshop

Violin Craftman - Bergonzi

ヴァイオリン作成者、クラフトマン達の工房へ
d0162693_5454325.jpg


バイオリン美術館でお世話になったYさんのご紹介で、地元タベルナで遅いお昼をとった後、そのお向かいにあるリカルドとYさんのご主人がいらっしゃる工房へお邪魔させていだきました。

ヴァイオリンの町
by thallo | 2014-05-17 06:16 | Travel

Cremona - Museo del Violino

Cremona, a charming jewell in North Italy - feel the music

イースターのイタリア帰省の際に、どうしてもここだけは行きたい、と私がリクエストを出していた町、クレモナ。知る人ぞ知るバイオリン作りで有名な小さな町です。

娘と私が楽しみにしていたのは、Museo del Violino (バイオリン美術館)。出発前にyoutubeで何度もトレイラーを見て大騒ぎだっただけに本物のストラディバリを見れる、と車の中でもおしゃべりが尽きずワクワク。
d0162693_2203691.jpg


ズバリ一言、期待を裏切らない素晴らしさでした。

Stradivari
by thallo | 2014-05-14 02:54 | Travel

Suzuki Family 2014

British Suzuki workshop 2014 ー ロイヤルカレッジを貸し切っての3日間集中コース。
ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、ピアノ、リコーダー、フルートをスズキメソドで学ぶイギリス国内の生徒達が集まります。

今年はお天気にも恵まれ (なぜか、毎年この時期は雨にあたってしまうのだけど) 3日間ともロイヤルカレッジとロイヤルアルバートホールの間にある階段は、ランチタイムには (なんとたったの35分、親は食後のコーヒーも飲めないくらいバタバタ) スズキファミリーのピクニック広場となり。。子供達はさっさと食べると鬼ごっこに忙しい、笑。
d0162693_1111116.jpg


娘がバイオリンを始めて6年 ー 何度も何度も「スズキメソドを止めて、トラディショナルな先生についたほうがよいのではないか」というクライシスは我家にあったことも事実。それでも、このコースに参加するのが楽しみで「どうしても辞めたくない」という娘の気持ちを優先してきました。
d0162693_11113100.jpg


毎年、自分の子供だけでなく他の子供達の成長も感じる事のできる3日間。あんなに簡単な「キラキラ星」をまだヴァイオリンを始めたばかりの子供から、すでにプロ並みのティーンエイジャーまで2百人近くの子供達が一斉に弾くのを聞いた瞬間涙が出てきて、「やっぱり続けさせてよかった」「ここまで頑張ってこれたのは、先生達とお友達との強いつながりがあったからだ」と新たな気持ちにさせられる、親にとっても大切な節目です。

今年は、それぞれのヨーロッパの国で「スズキメソドの先生になるための先生を育てる」先生方のトレーニングクラスにも参加させていただき、スペイン人の先生からエキストラの個人レッスンが受けられた事、名前と評判は聞いていたけれどチャンスがなく一度もレッスンを受けた事がなかった日本人のM先生のグループに入れていただいた事、同じグループになった12人が兄弟姉妹の様に仲良くなれた事など、かなり盛りだくさんの3日間。最後は子供も親も涙ぐんで抱き合って別れを忍ぶほど中身の濃い日々でした。

それにしても、ここまで学んできた曲(レパートリー)が40曲も50曲もあるのに、タイトルを先生に言われただけで どの子供もさらりと弾き始めてしまうんですが、どうすれば覚えていられるんでしょうね。時々娘の頭もかち割って何がどうなっているのが見たくなる時があります。あー、その記憶能力の細胞、私にも分けてほしいくらい。最近は年をとってきたせいかよく忘れっぽいし。。滝汗

残りの春休みはちょっと出かけることにしている我家、そして帰って来た翌日は地元ユースのオーディション。散々もめたけれど私もこれ以上言うと、来期に先生と角が立つと思い断念、ググッと我慢。。
演奏曲に決めたバロックが、旅先で良いインスピレーションをもらえて彼女なりの色を見つけてこれると良いのですが。。
by thallo | 2014-04-13 01:08 | Music

Christmas Carols by Candlelight

Carols by Candlelight

Once in royal David's city…
d0162693_21212420.jpg


我家が毎年恒例にしているロイヤル・アルバートホールでのクリスマスキャロルコンサート ー 今年で7年目になりました。

ラジオでも毎日クリスマスミュージックが流れて、娘やお友達のコンサートで何度も同じ曲を聴くのだけれど、やっぱりここに来て毎年同じ席でキャロルを聴き一緒に歌うのは特別。。いよいよクリスマス。

初めて来た年は、娘はまだ3歳。つまらなくてグズっては いびきまでかいて 寝てしまっていましたが、この2、3年は学校のコーラスのおかげもあって 寝ていません 楽しんでいるようです、笑。
今年は1stヴァイオリンを正面に見る席だったので、更に真剣。このクリスマス&正月休暇中4日間の集中オケコースがあるんだよ、しっかり学んでちょうだい。

こんな風に毎年娘の成長や変化が分かっていくのも、とても面白いな、なんてクスッとしたり。。いつまで一緒に来れるんだろう。。きっと何年後かは、彼女のボーイフレンドも一緒かなー。そしてそのうち、孫も一緒ですね、笑。
by thallo | 2013-12-23 00:19 | Culture

British Suzuki National Workshop 2013

Young violinists ー 今年も1年ぶりに皆と再会しました。

一生懸命な姿に親の方が学ぶ事が多い、インスピレーションを感じた時間でした。
d0162693_4312512.jpg


ロンドン市内にある音大を借り 毎年行われる「スズキメソド」で学ぶ子供達のワークショップ。
1日6時間のレッスンを3日間みっちり受けることになります。ヴァイオリンを始めたばかりの5歳の時は、集中力もなくて 6時間何をしていたのか本人もきっと覚えていないと思うのだけど、さすがにこのレベルになると、6時間はあっと言う間。色んなテクニックを身につけて帰ってきました。
スズキメソドの基本は「親はレッスンも家での練習も全て同席」、私も毎回きちんとノートを取って家に帰ってきてもノートを見ながらおさらい ー しかも、レッスン中は気になって注意したくても 6時間口は貝のように閉じたまま。。いつも怒ってばかりいるだけにこっちの方が疲れたっ。。。

嬉しかったのは、娘から「コースが終わってほしくない、いつまでもヴァイオリンを弾いていたい」という言葉が本当に心の底から出てきた事。
小さな子供が自分よりも上の曲を弾いているのを見て、かなりマイペースな彼女にもある程度の競争心がやっと出てきたのかもしれません。

明日から新学期。またスクールドロップ、習い事の送迎ショーファーの日々が始まりますが、夏時間の明るい時期、気持ちちょっと明るくて頑張れそうです。
by thallo | 2013-04-16 04:54 | Music

Concert season

クリスマスコンサートシーズン。

11月末から始まり、ただいまコンサートシーズン オンピーク
d0162693_2336109.jpg


9月からティーンエイジャーの 怖い 派手な 大人っぽくて綺麗なお姉様達に加わって始めたシニアスクール(中高等部)のオーケストラコンサートも先週無事に終わりました。

タイツの話
by thallo | 2012-12-06 00:00 | Family

Vivaldi in Candle Light

London Mozart Orchestra

ミュージシャンなら一度は着てみたいバロック時代のコスチューム
d0162693_4422969.jpg


キャンドルライトの中でバロックを聴けるなんて至福の時。。

Four Seasons (四季)・・・
by thallo | 2011-10-10 05:28 | Music

Chamber Music Course - Final Concert

室内楽コース ファイナルコンサート

d0162693_485990.jpg


1週間前の娘とは別人のように変わって帰ってきた - 予想もしていなかっただけにビックリでした。

Telemann・・・
by thallo | 2011-08-27 04:33 | Music


ファインダー越しの素敵なイギリスをお届けします♪


by おごしゅ

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 01月
more...

My Flickr World

こっそりロンドン生活フォト by iphone6s Instagram
Follow @ayanoboist



カテゴリ

Greetings
England
Culture
Photography
Scene
Shot
Favorite
Music
Family
Sport
Meal
Travel
iphone
Mr. Teddy
Xperia Z2

タグ

(205)
(186)
(164)
(102)
(81)
(66)
(60)
(56)
(39)
(32)
(29)
(23)
(23)
(17)
(14)
(13)
(13)
(10)
(10)
(8)

その他のジャンル

画像一覧