タグ:娘 ( 60 ) タグの人気記事

11+

Satisfaction and achievement.

2年間コツコツと準備をしてきた11+。。色々な意味で本当に終わりました。
この11+とは、イギリス特有の小学校から中学にあがる時の受験を意味します。
d0162693_4104064.jpg


週末、クリスマス、お正月もヴァイオリンを弾かない日はなく (私が鬼婆のようにうるさかったのもある。。)、ホリデイにも必ずヴァイオリン持参でドーバーを渡り、飛行機の手荷物にし。。
何度も私に注意されて悔し涙を流しては、その度にトイレに顔を洗いに行きそれでも弾き続けた娘、本当にここまで良く頑張った、と素直に褒めてあげたいと思います。

私の 愚痴、疲労 苦労、そして娘の頑固さを影から知っている方々も多く、どうなることかと思いましたが、色んな方に応援していただいて中学進路、音楽院(ジュニア)入学も決まりホッと一安心。音楽院はまさかの嬉しい結果だっただけに、ちゃんと神様が見ていてくださったのだ、とお世話になった先生方への感謝の気持ちで一杯です。

まだ学校送迎が義務のため、仕事の後家に帰ってきてから主婦業と娘の勉強とヴァイオリン練習、と毎日ダッシュの日々でしたが、その学校送迎もあと5週間でミッション終了! 9月からはお友達とバス停で待ち合わせして通学したいって。。はいはい、早速そうしてちょうだいな。

あー、これで気持ちよく来月に夏帰国ができそうです。
3年ぶりの日本、また飛行機を降りて、日本語を使い切符を買うところから頭が真っ白になりそうですが、お友達と会う予定が少しずつかたまってきて、だんだん楽しみになってきました。あれだけ頑張ろうと思っていたダイエットはまったく間に合っていませんが。。。太って帰って来てもいいくらいあと1ヶ月ちょっとの減量&運動を頑張ろうと思います、笑。
by thallo | 2014-06-05 04:39 | Scene

Cremona - Violin workshop

Violin Craftman - Bergonzi

ヴァイオリン作成者、クラフトマン達の工房へ
d0162693_5454325.jpg


バイオリン美術館でお世話になったYさんのご紹介で、地元タベルナで遅いお昼をとった後、そのお向かいにあるリカルドとYさんのご主人がいらっしゃる工房へお邪魔させていだきました。

ヴァイオリンの町
by thallo | 2014-05-17 06:16 | Travel

Suzuki Family 2014

British Suzuki workshop 2014 ー ロイヤルカレッジを貸し切っての3日間集中コース。
ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、ピアノ、リコーダー、フルートをスズキメソドで学ぶイギリス国内の生徒達が集まります。

今年はお天気にも恵まれ (なぜか、毎年この時期は雨にあたってしまうのだけど) 3日間ともロイヤルカレッジとロイヤルアルバートホールの間にある階段は、ランチタイムには (なんとたったの35分、親は食後のコーヒーも飲めないくらいバタバタ) スズキファミリーのピクニック広場となり。。子供達はさっさと食べると鬼ごっこに忙しい、笑。
d0162693_1111116.jpg


娘がバイオリンを始めて6年 ー 何度も何度も「スズキメソドを止めて、トラディショナルな先生についたほうがよいのではないか」というクライシスは我家にあったことも事実。それでも、このコースに参加するのが楽しみで「どうしても辞めたくない」という娘の気持ちを優先してきました。
d0162693_11113100.jpg


毎年、自分の子供だけでなく他の子供達の成長も感じる事のできる3日間。あんなに簡単な「キラキラ星」をまだヴァイオリンを始めたばかりの子供から、すでにプロ並みのティーンエイジャーまで2百人近くの子供達が一斉に弾くのを聞いた瞬間涙が出てきて、「やっぱり続けさせてよかった」「ここまで頑張ってこれたのは、先生達とお友達との強いつながりがあったからだ」と新たな気持ちにさせられる、親にとっても大切な節目です。

今年は、それぞれのヨーロッパの国で「スズキメソドの先生になるための先生を育てる」先生方のトレーニングクラスにも参加させていただき、スペイン人の先生からエキストラの個人レッスンが受けられた事、名前と評判は聞いていたけれどチャンスがなく一度もレッスンを受けた事がなかった日本人のM先生のグループに入れていただいた事、同じグループになった12人が兄弟姉妹の様に仲良くなれた事など、かなり盛りだくさんの3日間。最後は子供も親も涙ぐんで抱き合って別れを忍ぶほど中身の濃い日々でした。

それにしても、ここまで学んできた曲(レパートリー)が40曲も50曲もあるのに、タイトルを先生に言われただけで どの子供もさらりと弾き始めてしまうんですが、どうすれば覚えていられるんでしょうね。時々娘の頭もかち割って何がどうなっているのが見たくなる時があります。あー、その記憶能力の細胞、私にも分けてほしいくらい。最近は年をとってきたせいかよく忘れっぽいし。。滝汗

残りの春休みはちょっと出かけることにしている我家、そして帰って来た翌日は地元ユースのオーディション。散々もめたけれど私もこれ以上言うと、来期に先生と角が立つと思い断念、ググッと我慢。。
演奏曲に決めたバロックが、旅先で良いインスピレーションをもらえて彼女なりの色を見つけてこれると良いのですが。。
by thallo | 2014-04-13 01:08 | Music

Prayer

pray for the good of…

キャンドルを見ていると、雑念が消えて素直になれる。
d0162693_4242371.jpg


ゆらゆら揺れる炎を見ていると気持ちが軽くさせられて、教会を出る時には前を向こうといつも微笑んでいる ー とても不思議な力があるように思う。

一つ終われば次の事、そして辛抱。 小姑のような オットは「この待ちの時間を楽しまないと。」と言っていますが、せっかちで白黒がすぐに出ないのが許せない私はやっぱり落ち着かず。。。
先輩ママさん達が「秋から春まで考える事が多くて一挙に白髪が増えるからね。」と言っていたのはこの事だったのか、と今になって激しく納得です、爆笑。

皆さんも良い週末を。
by thallo | 2014-01-18 04:37 | Culture

Traditional Shortbread

Traditional British food - shortbread

まだまフェスティブ気分、食べ続け注意。。でも美味しくて止まらないショートブレッド、イギリスと言えばこの焼き菓子。
d0162693_22262245.jpg


今日から3日間オーケストラコースに出かけてしまった娘。
せっかく2週間も一緒にいたのに、突然家に一人。洗濯掃除をしてもまだ時間があまり、家族が大好きなショートブレットを焼いてみました。 きっと彼女は、家にいると鬼婆のような母から「勉強」「バイオリン」の二言しか言われずせいせーしていると思うんだけど。。滝汗
スーパーで買うと決して安い部類に入りませんが、家で実は美味しい物が簡単にできると分かり、寒い冬にオーブンも使えて一石二鳥と 色んなバターや粉のコンビネーションを考えながら研究中。ただ、使うバターの量を考えると作り過ぎはちょっと怖いんですけれども。。

彼女のアサインされたオーケストラは上から2番目。
朝送って行ったら 参加者は彼女以外全員中学生、高校生の子供達でほとんどがティーンエイジャー。昨日は「同い年の6年生がいるといいな、友達できるかな」と、とても楽しみにしながらも緊張していたので、ちょっと可哀想になってしまいました。しかも、正月三が日で世間は まだ飲み食いをしている 休み気分というのに、年明けからいきなり罪の意識。 でも人見知りをしない彼女ならきっとティーンエイジャーのお姉さん達とつるんでいるに違いない。。爆笑

一曲は「ソリストが入るので練習しておいてください」と楽譜が送られてきたので「弦だけなのかな。」と思っていたら、金管・木管楽器もパーカッションの子供もわんさかいました。っつーことは何曲弾くんだ?
土曜日の夜のコンサートで演奏する事が決まっているのは、ヴィヴァルディの「四季」ー youtubeを見たり、先生からお借りしたCDを何度も聞いて練習していたので、きっといい出来になるのではないかな、と今から楽しみです。
by thallo | 2014-01-03 00:23 | Meal

Young friends' sleep over - British Museum

Pompeii sleep over night - for young explores

夜18時集合。大英博物館を貸し切ってのSleep Over Night.
d0162693_66969.jpg


寝袋と懐中電灯とリュックサックと。。レジスターの声も弾んで好きな場所に「自分のベッドルーム」を作る子供達。
朝の博物館の静けさは格別で、ベッド(寝袋)の中で目覚め時に目の前に現れる古代エジプト像達は本当に大感動でした。

Invitation
by thallo | 2013-08-27 07:00 | Family

I am proud of you...

Junior School Concert 10 June 2013

娘がヴァイオリンを弾くコンサートを初めて行きのがした。。
d0162693_654893.jpg


今まで必ず都合をつけて見に行くようにしていたスクールコンサート。(スポーツデイの日はなんだかんだと言い訳をつけてなるべく行かない様のしていた過去7年だけど。)
今回は仕事を抜ける訳にはいかず、行く事ができませんでした。

コンサートの〆でソロを弾く事も事前に先生にお願いされていたので、ブツブツ言いながらも 日曜日の夜もきちんと練習をさせて送り出したし、何も心配することはなかったのだけれど。。。。胸にぽっかり穴が空いたようなそんな気持ちの一日を送った母 ー 午後は時計ばかり気になっていたのも事実。← 仕事も忙しかったんだけど。

学校のオープンデイやインスペクションのゲストがいらっしゃる時には、必ず演奏する機会を与えてくれたジュニアスクール、残すはあと1年。
絶対に 1年で弱音を吐いて やめるだろう、と思ったヴァイオリンもここまで上達したことは、素直に誇りに思いたい。
そして、たくさんの人の前でソロをたくさん弾かせ自信を持たせる指導をしてくれた学校にも感謝の気持ちで一杯です。
by thallo | 2013-06-11 06:24 | Family

Hunter Wellies

一家に一台ならぬ 一家に「一足」 ー 長靴

その中でも、Hunterはやっぱり大人気。
d0162693_1856491.jpg

履き心地のよさだけでなく (値段がそれを語っている) 靴の中に入れるインナーをつけると本当に温かくて、最後は脱ぐのが嫌になります。笑

娘は、今日から5日間のスクールトリップにでかけました。
海辺での化石発掘のアクティビティもあるらしく (本当か。。? 私が参加したいくらいである)、持ち物リストに「長靴」というのがあるのも、なんだかすごくイギリスらしい。笑
日本にも一人で行かせたこともあるし 初めての親元を離れる旅ではないのに、今朝はなんだか複雑な気持ちでした。あと4、5年もしたら親ではなくて、友達、ボーイフレンドと出かける事が優先になるのでしょうね。かっこいいボーイフレンドだったらいいなー、家に連れて来て会うのが楽しみ。

金曜日までは静かな我家になりそうですが、学校送迎もないし夜は自由。お母さんはホリデイ。
今週は仕事後に 小姑のような オットから提案され、毎晩長いジョギングに行く事になりました。オットと走ってどこまでついていけるかすごーく疑問だけど、頑張ろう。。
by thallo | 2013-04-29 19:13 | England

British Suzuki National Workshop 2013

Young violinists ー 今年も1年ぶりに皆と再会しました。

一生懸命な姿に親の方が学ぶ事が多い、インスピレーションを感じた時間でした。
d0162693_4312512.jpg


ロンドン市内にある音大を借り 毎年行われる「スズキメソド」で学ぶ子供達のワークショップ。
1日6時間のレッスンを3日間みっちり受けることになります。ヴァイオリンを始めたばかりの5歳の時は、集中力もなくて 6時間何をしていたのか本人もきっと覚えていないと思うのだけど、さすがにこのレベルになると、6時間はあっと言う間。色んなテクニックを身につけて帰ってきました。
スズキメソドの基本は「親はレッスンも家での練習も全て同席」、私も毎回きちんとノートを取って家に帰ってきてもノートを見ながらおさらい ー しかも、レッスン中は気になって注意したくても 6時間口は貝のように閉じたまま。。いつも怒ってばかりいるだけにこっちの方が疲れたっ。。。

嬉しかったのは、娘から「コースが終わってほしくない、いつまでもヴァイオリンを弾いていたい」という言葉が本当に心の底から出てきた事。
小さな子供が自分よりも上の曲を弾いているのを見て、かなりマイペースな彼女にもある程度の競争心がやっと出てきたのかもしれません。

明日から新学期。またスクールドロップ、習い事の送迎ショーファーの日々が始まりますが、夏時間の明るい時期、気持ちちょっと明るくて頑張れそうです。
by thallo | 2013-04-16 04:54 | Music

Mr. Teddy's Stories kawaii

Mr. Teddy, a new member of our family.

「イギリス」と言えばやっぱりテディベア ー 赤ちゃんが生まれたとき、小さな子供へのプレゼントには定番。
d0162693_21435823.jpg


コメディ「Mr. Bean(ミスター・ビーン)」の中に登場する「テディ」、昨日我町のおもちゃ屋さんをのぞいた時に見つけました。
このテディ、エピソードの中でとってもいい味を出している助演男優。前から欲しいなー、とは思ってはいたのですが、ついに 年甲斐もなく 購入。(苦笑)

このおもちゃ屋さん、もしかしたらオーナーのおじいちゃんとおばあちゃんが引退するのかな、全ての製品が20%引きで「もってけ泥棒」状態のセール。店じまいになるんだと思います。
特に娘が生まれてからは 本当にお世話になったおもちゃ屋さん、やっぱり大手やアマゾンと同じ様にビジネスをするのは難しいのでしょうね。とても寂しい気持ちです。

さて我家にやって来たテディ、私達と一緒に色んな場所に旅する事になりました。
娘と私の共同プロジェクトとなる「テディの旅日記」 ー 今までの私の 真面目な 写真にテディが友情出演をしてどんな風になるのか、なんだかちょっと可笑しくてクスッと笑ってしまいます、どうぞお楽しみに。

ロンドンは昨日、一日中雪でした。。。(雪の中の運転もかなりなれたもんだ)
皆さんも良い週末を。
by thallo | 2013-04-05 16:59 | Mr. Teddy


ファインダー越しの素敵なイギリスをお届けします♪


by おごしゅ

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 01月
more...

My Flickr World

こっそりロンドン生活フォト by iphone6s Instagram
Follow @ayanoboist



カテゴリ

Greetings
England
Culture
Photography
Scene
Shot
Favorite
Music
Family
Sport
Meal
Travel
iphone
Mr. Teddy
Xperia Z2

タグ

(205)
(186)
(164)
(102)
(81)
(66)
(60)
(56)
(39)
(32)
(29)
(23)
(23)
(17)
(14)
(13)
(13)
(10)
(10)
(8)

人気ジャンル

画像一覧